当協会は『気象』『環境』『防災』をキーワードに活動を行うNPO法人です

活動内容

  • HOME »
  • 活動内容

1.研究・開発
★ 気象測器研究会』を定期的に開催しています。
★  気象センサー・データロガー・通信技術・データの可視化・予報技術等について
★  各分野の専門家が集い、研究活動を行っています。
★ 気象測器研究会のこれまでのあゆみ

★ 現在の研究テーマ
★ ①一体型地上観測機器の性能評価実験
★ ・日本気象学会2012年度春季大会(つくば)
★  一体型気象センサーの野外比較観測
★ ・日本気象学会2012年度秋季大会(札幌)
★  一体型気象センサー(CWS)の風向風速特性
★ ・日本地球惑星科学連合2013年大会(幕張)
★  一体型地上気象観測機器(CWS)の性能評価」(英語版
★ ・TECO-2014(サンクトペテルブルグ)
   「Evaluation of compact weather sensors」
★ ・第23回風工学シンポジウム(東京)
★  一体型地上気象観測機器(CWS)の風計測性能評価
★ ②転倒ます型雨量計の比較観測
★ ・日本気象学会2014年度春季大会(横浜)
★  転倒ます型雨量計の比較観測
★ TECO-2014(サンクトペテルブルグ)
   「Comparison of RainGauges in Natural Rainfall Conditions
  ・日本気象学会2015年度春季大会(つくば)
   「転倒ます型雨量計の比較観測(その2)
   ―インド・チェラプンジでの比較観測―
  ・日本地球惑星科学連合2015年大会(幕張)
★  転倒ます型雨量計の比較観測」(英語版

2.専門的立場からのコンサルティング業務(計画中)
★  気象、環境および防災に関する分野において専門的立場から国内外の
★  コンサルティング業務、またはその支援活動を実施します。
★  活動分野としては
★  ①各種観測関係②予報関係③情報利用関係④ICT関係を中心に行います。

3.講習会・講演会
★  日本農業気象学会2015年全国大会(2015年3月16日~19日)に出展しました。
★  また、同学会において気象測器の講習会を実施しました。
★  詳細はこちらをご覧ください。
   開催報告書が同学会和文誌「生物と気象」に掲載されました。

   2016年1月12日、京都大学 防災研究所 技術室様向け技術研修を実施しました。
   研修テーマは「観測および実験における計測機器ノイズの発生その対策に関する
   研修および実技」です。
   詳細はこちらをご覧ください。

4.人材育成(計画中)
★  国内や途上国の気象専門家などの人材育成に関する活動を行います。

お問い合わせ TEL 03-6907-2186 営業時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.